安心の入れ歯が出来あがるまで

ハイライフグループでは、歯科医師、カウンセラー、歯科技工士まで、入れ歯に関する専門知識と豊富な経験を有する専門スタッフが密接に連携することで、患者さまにあった入れ歯を提供することができます。ハイライフグループでの標準的な入れ歯製作の工程をご紹介します。

入れ歯製作期間

1. 初診相談

入れ歯に関するお悩みやご要望、健康状態や服薬中のお薬についてお伺いします。口腔内の診察を行い、患者さまそれぞれのお口に合う入れ歯の設計を検討して、入れ歯の設計・治療計画・お見積りをご説明いたします。
1~1時間半の時間をかけて丁寧な説明と診察を行います。
※必要に応じてレントゲン撮影・その他検査を行う場合はご費用が発生します。

2. お口の治療

入れ歯作製前に、虫歯や歯周病など、必要な歯の治療を行います。 口腔内の状態を整えてから、入れ歯作製に入ります。

3. 大まかな型取り~精密な型取り

1.お口の中を大まかに型どりして、模型を作成して口腔内の診査・診断を行います。
※お口の状態により、治療用の入れ歯を作る場合もあります。

2.患者さま専用のトレーを使ってお口の中のさらに精密な型をとります。
さらに、口の中が動いた時の筋肉の動きまで細かく型をとり、入れ歯作りの土台となる精密な模型の作成と、噛み合わせの高さを採るための装置を作成します。

4. 噛み合わせの高さを計測

「咬合床」を使って、噛み合わせの高さを測ります。

5. 人工の歯を並べる

患者さまの要望や表情、口腔内に合わせて、人工歯の大きさ・形・色などを決定します。

6. 入れ歯の試着

人工歯を並べた入れ歯を口に入れて、見た目や痛みの部位 見た目、かみ合わせ、発音のチェック、形、バランスなど、患者さまと一緒に確認していきます。その場で医師または技工士が修正を加えたり、大幅な修正が必要な場合は再度来院いただいて”試着”します。

7. 完成・調整

完成した入れ歯をお口に入れて調整します。
精密な型をもとに製作した入れ歯でも、調整は必ず必要です。
何度か調整してお口に合った入れ歯ができあがります。
以後、完成した入れ歯が長持ちするように定期的なメンテナンスを行います。
03-6202-1118 0120-108-277

無料相談のお申し込み・お問い合わせはこちら