入れ歯用語集

入れ歯の専門用語集です。入れ歯を製作する際に入れ歯に関する専門用語を用いることもあります。私たちはできるだけわかりやすく患者さまにご説明することを心掛けております。ご参考までにご覧ください。

全部床義歯

【意味】
総入れ歯(総義歯)のこと。自分の歯が1本もなくすべての歯を失った時に使用される入れ歯です。

部分床義歯

【意味】
部分入れ歯(局部床義歯)のこと。歯を部分的に(一本~数本)失った部位に使用する入れ歯です。

金属床義歯

【意味】
義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができ、違和感が少なくなります。また、金属は熱伝導性に優れているので、食事をしたときの温度感覚を自然に近づけることができます。温かいものは温かく、冷たいものは冷たく感じることができます。

レジン床義歯

【意味】
レジンというプラスチックを使用して作った入れ歯です。調整・修理が簡単で長期的にみた自由度は高いですが、たわみやすいので厚みや補強が必要になります。

シリコン加工義歯

【意味】
入れ歯の粘膜(土手、歯ぐき)にあたる部分を柔らかい生体用シリコーンで被う技術。噛みしめたときの力を吸収・分散し、粘膜への負担を和らげます。生体用シリコーンは、心臓バイパス手術等のあらゆる医療現場で利用される安全な素材です。

ノンクラスプデンチャー

【意味】
入れ歯の金具をなくした入れ歯です。粘膜(土手、歯ぐき)に近いピンク色の素材で入れ歯を固定するため、入れ歯が目立ちません。食事など「噛みしめる」ことには向きませんが、大事なパーティなど「入れ歯だと知られたくない」イベント時に大活躍です。

補強板(ラミネート加工)

【意味】
入れ歯を割れづらくするための金属の補強板のことです。レジン床義歯やコンフォート加工義歯と併用することで、より強度の高い入れ歯をつくることができます。

治療用義歯

【意味】
噛み合わせ(顎の位置) が不安定であったり、また何らかの支障がある場合、治療用の入れ歯を作ります。その入れ歯を使って噛み癖をもとの正常な位置に戻したり、お口の周りの筋肉の緊張をほぐしたりするなどのトレーニングを行います。

クラスプ

【意味】
部分入れ歯の構成要素の一つ。入れ歯を安定させるために、残っている歯に引っかける金属の金具のことです。

義歯床

【意味】
入れ歯の構成要素の一つ。失った顎堤(土手、歯ぐき)を補うためのもので、欠損部の粘膜で噛む力を負担します。プラスチックや金属で作ります。

人工歯

【意味】
入れ歯の構成要素の一つ。人工の歯のことで、素材はプラスチックや陶材、金属製のものがあり、目的に合わせて使い分けます。

残存歯

【意味】
残っているご自分の歯のこと。

欠損部

【意味】
何らかの理由で歯を失ってしまい歯がない場所、歯がない部位をあらわします。

顎堤(がくてい)

【意味】
欠損部の粘膜の部分。歯が生えていた土手のこと。顎堤がしっかりしていると入れ歯の安定性は高いですが、顎堤が細くなったり平らに痩せてしまうと入れ歯は安定しづらくなるといわれています。

印象材

【意味】
お口の中の型をとるために使う材料。

概形印象(がいけいいんしょう)

【意味】
1回目の概略的な型どりのこと。お口の中の概形的な形を模型に再現することで、口腔内の審査・診断・治療計画の立案に使います。

精密印象

【意味】
患者さんのお口の中の形態や筋肉の動きを、より正確に再現できるように型をとること。この型どりで作った模型で入れ歯を製作していきます。

機能印象

【意味】
入れ歯を使って口の中や周りの筋肉の動きをかたどること。概形印象、精密印象、機能印象を行なうことで、より個人に合った入れ歯を作ることができます。

咬合採得(こうごうさいとく)

【意味】
歯の噛み合わせを記録すること。上あごに対する下あごの立体的(垂直的、水平的)な位置関係を記録することで、患者さんの噛み合わせの状態を模型で再現することができます。

ノンクラスプデンチャー

【意味】
入れ歯の金具をなくした入れ歯です。粘膜(土手、歯ぐき)に近いピンク色の素材で入れ歯を固定するため、入れ歯が目立ちません。食事など「噛みしめる」ことには向きませんが、大事なパーティなど「入れ歯だと知られたくない」イベント時に大活躍です。

個人トレー

【意味】
患者さん一人一人のお口の形に合わせて作製するオーダーメイドのトレー枠のこと。このトレーで型を取ることで変形の少ない、より精密な型を取ることができます。
03-6202-1118 0120-108-277

無料相談のお申し込み・お問い合わせはこちら