専門歯科医院がつくる精密な入れ歯

入れ歯を専門的に学んだ、知識と経験ある歯科医師(全て補綴科出身)と、入れ歯を専門に取扱う歯科技工士、カウンセラーのもと、患者さまにご満足いただける、精密で噛める入れ歯治療を目指します。

■ 痛みを緩和して外れにくい

口の内面は多くの筋肉があり、口を動かすだけで多くの筋肉が動きます。 入れ歯づくりの際に、簡易的な型取りだけでなく、熟練の技術で細かい筋肉の動きを再現した口の中の状態を精密に取ることで、入れ歯を入れた状態で口を動かしたり、話したりするときも、入れ歯がずれて痛みがでたり、外れたりすることが少なくなります。 良い入れ歯をつくるために欠かせない大切な工程です。
[写真] 筋肉の動を記録した痛みのない入れ歯づくり

■ 違和感が少ない

入れ歯は口のなかに異物を入れるので、人によっては少なからず異物感を感じます。 ハイライフでは、入れ歯に対するご希望を、事前に歯科医師やカウンセラーとよく相談の上、製作を進めていきますので、入れ歯の材料や形によって違和感を少なくすることも可能です。
お口の状態によっては、入れ歯の上あごの真ん中の部分を一部くり抜き、磁石と併用する形にすることで、外れにくく違和感を少なくしたり、味覚を良くする事が出来ます。
また、一部金属を用いて薄くつくることでも、違和感や味覚を回復させることができるなど、お口の状態によって、様々なご提案が可能です。
[写真] 違和感を少なくする設計が可能

■ 噛み合わせが良い

ご自身の左右の耳の前の部分を指で触わり、ものを噛んだり、話したりする動きをしてみてください。下あごの関節が複雑に動いているのがわかるかと思います。
入れ歯づくりでは、上あごと下あごが噛み合う、前後・左右・中心の位置や、高さ、平面のバランスを適切な位置に取ることで、安定して力強くかめる入れ歯に仕上げます。
さらに、入れ歯専門の技工士が、高い精度で患者さまの噛み合わせを再現することで、しっかり機能する入れ歯を目指します。
合わない入れ歯をお使いで、噛み合わせがずれてしまっている患者さまについては、入れ歯をおつくりする前に、ずれを治すための治療用の入れ歯をおつくりして正常な噛み合わせに戻す治療を行ってから、入れ歯の製作に入ります。
[写真] 1人1人に適正な噛み合わせをしっかり計測

■ 見た目が綺麗

例えば、上あごと下あごが噛み合わさる位置が低すぎると、口がつぶれて、口のまわりに” たるみ”ができてしまいます。
また、入れ歯の歯を並べる際に、自分の歯があった位置に適切に並べないと、しわが深くなり、老けてみえてしまう原因の1つになります。
ハイライフでは、洋服でいう試着の段階を入れ歯製作時に設け、必要に応じて歯科技工士も立会い、歯科医師と共に、歯の形・大きさ・色だけでなく、歯の出っ張り、引っ込み具合なども、細かく修正しながら一人ひとりに適正な歯並びを作り、お口のまわりにハリをもたせて若々しく見える入れ歯を目指します。
ぜひ、歯があった頃の笑顔の写真などをご持参ください。
[写真] 顔の輪郭に合わせて口元を若々しく仕上げる

■ 発音に支障が少ない

歯を失うと隙間から空気が漏れて、発音がしにくくなります。また、入れ歯の大きさ、厚み、歯並びが適正でないと、発音に支障がでる場合が多くあります。
新しい入れ歯は、舌や口の中の状態が新しい入れ歯に順応するまで、少々違和感はありますが、入れ歯の設計を正しく行い、さらに完成した後も、生活のなかで使用してもらいながら、患者さま1人1人に合った調整をして合わせてゆくことで、しっかりと発音がしやすい入れ歯に仕上げてゆきます。
[写真] 入れ歯が完成した後も発音しやすく調整
03-6202-1118 0120-108-277

無料相談のお申し込み・お問い合わせはこちら