ハイライフ歯科医師知っ得コラム
はいから読売新聞折り込み

本当にフィットする入れ歯

前回は、入れ歯を「よく噛める」「外れない」ように機能アップさせるコンフォートについてお話しました(コンフォートとは、入れ歯の歯ぐきに接する部分を生体用シリコーンで覆う特殊技術です)。

 今回は、「保険の入れ歯」と「自由診療の入れ歯」についてお話させていただきます。

 入れ歯には、保険診療で作るものと自由診療で作るものがあります。保険診療の入れ歯で十分満足されている方もいらっしゃいますし、保険診療で作ったから痛い入れ歯ということではありません。しかし、保険診療の範囲では、使う材料・方法に制限があります。よりお口にあった入れ歯を作ろうとする場合、より精密な型取りや表情に合わせた設計など、高い技術力・手間・時間を要するため、保険診療の範囲で作ることに限界があることも確かです。歯科医師と歯科技工士が連携して作る『あなたのための』オーダーメイドと考えれば、自由診療で作られる入れ歯は決して高いものではないと感じていただけるのではないでしょうか。

 前回ご紹介したコンフォートされた入れ歯は、保険診療では作ることはできません。

 その代わり、入れ歯にコンフォートを利用することで、噛んだ時の痛みの軽減、吸盤のような密閉性を生み出し、外れにくくなる。といった効果が期待できます。

 入れ歯が合わないと生活や性格が内向きになってしまう方もいらっしゃいます。毎日の食生活や行動にまで影響することを考えると、コンフォートのような新しい素材を活用して「よく噛める」「外れない」入れ歯をすることの価値はお金で換算できないことなのではないでしょうか。

 これまで入れ歯は、「痛い」「外れる」「顔が老ける」といったネガティブなイメージが一般的でした。しかし、本当に合った入れ歯を作れば、今まで諦めていた外食・旅行・スポーツなどに気軽にトライできるようになると思います。快適な毎日を送るために、ご自身の入れ歯について改めて考えていただくきっかけになれば幸いです。どうしたらよいのでしょうか。自由診療、コンフォートされた入れ歯を作るときに大切な事について、次号でお話しいたします。
ハイライフグループ
入れ歯
03-6202-1118 0120-108-277

無料相談のお申し込み・お問い合わせはこちら