入れ歯安定剤の必要性

部分入れ歯/総入れ歯に関わらず、入れ歯で痛みやゆるみなどのお悩みをもった患者様が非常に良く使用されているのが、入れ歯安定剤です。入れ歯安定剤は、各メーカー・発売元から様々な材質の入れ歯用のブランドが発売されていますが、それぞれに特徴・使用方法があります。

1.クリームタイプ:クリームの為、使い勝手が良く簡単に広げて使うことができます。また、流動性があり安定して粘着力があります。
2.粉末タイプ:粉末が唾液と混ざり接着する為、唾液が少ない人には不向きだが、使用後の除去などがしやすい。
3.シートタイプ:クリーム、粉末と違い、シートが均一に使用出来ない場合がある。※使用時水が必須。
4.ベタつきが少なく、2日連続使用が可能。金属床には使用不可。均一にならない場合があり、噛み合わせに悪い影響も。

安定剤のメリットとして、応急的に合わない入れ歯で噛むことが可能になります。また、痛み・ゆるみなどに効果を発揮します。 但し、デメリットとして、各入れ歯安定剤メーカーの製造販売元説明書にも記載されている様に、合わない入れ歯に応急的に使用することが本来の目的の為、連続使用における顎の吸収や歯ぐきのやせ、噛み合わせの不具合などがでる可能性があります。

基本的には合わない入れ歯に使用することで、一時的に口腔内で安定感が保たれますが、元々合わない入れ歯は、早めに歯科医院へ行き歯科医師の診断を受診されることをお薦めします。入れ歯に痛みやゆるみ、噛めないなど諸症状を感じて治らない場合は、義歯安定剤の使用を一時ストップして、必ず歯科クリニックで医師による診断を受けて、使用している義歯の調整や新らしく製作するなど、医師と相談して改善を検討しましょう。