噛み合わせと入れ歯の関係

●噛み合わせとは...
歯をくいしばった時に、上の歯と下の歯が接触することを言います。
1.上の歯の奥歯と下の歯の奥歯が均等に接触していない。
2.くいしばっ時に、顎の痛みや違和感、又は鏡を見て、上の歯と下の歯の中心がズレている。上下正中線不一致
3.接触しない歯がある。※上前歯の切端ラインばらつき
上記の三点のどれかにあてはまると、噛み合わせが通常に行われていないことになるでしょう。
これは、自然歯、入れ歯の両方に言えることになります。


●入れ歯の噛み合わせ
噛み合わせと入れ歯の関係は、入れ歯治療にとって非常に重要なポイントとなります。なぜならば、長い期間ご自身のお口に合わない入れ歯を使用していたりすると、だんだん噛み合わせが本来の正しい位置とズレが生まれてきて、正しくない噛み合わせに慣れてしまい、入れ歯が合わない、痛み、咬めないなど慢性的な口腔内のお悩みにつながってしまう場合があります。

歯ではなく、顎の位置で噛むようになったり、噛む位置が定まらなくなったりすることは、入れ歯が合わなくなることはもちろん、頭痛・肩こりなど全身の健康にもつながります。
※部分入れ歯・総入れ歯同様。

入れ歯を製作する際、大きく噛み合せが本来の位置からズレている時、上下の顎の噛み合わせのバランスを矯正する目的で最終的な入れ歯を製作する前に、顎位や咀嚼など検査を行ったうえで、治療用の入れ歯(噛み合わせ治療として)をつくります。この治療用入れ歯で噛み合わせの前後左右の位置、高さなどを時間をかけて患者さまの顎位を正常に戻してから最終的な入れ歯製作に進みます。
噛み合わせのずれをそのままに入れ歯をつくると、根本的な原因が解決されないばかりか、咬める入れ歯にならないことがあり無駄に入れ歯をつくることになりかねません。

治療用入れ歯は、正しい噛み合わせの位置を探して修理・調整しながら使用していきますので、見た目もつぎはぎの状態でそのまま長くは使用出来ません。この治療用の入れ歯を利用して、その形に準じて歯科医はバランスをとりながら最終的な入れ歯の製作へと移っていきます。

咬める入れ歯製作は、噛み合わせの問題と切っても切れないものなのです。


●入れ歯・自然歯の両方に言えること、見た目の歯のバランスが良好だからとて、噛み合わせが良いとは限りません。
ご自身の目では確かめににくい、箇所で歯と歯の隙間が生まれていたり、奥歯辺のバランスが悪い時があります。入れ歯、自然歯ともに歯科医院で検診を受けることをお勧めします。