保険と自費入れ歯の費用

入れ歯の費用は保険診療と自由診療で大きく差があります(※総入れ歯/部分入れ歯同様)。
保険では大体5千円~2万円程度ですが、保険外では上下いづれか1つで50万の歯科医院もあれば、100万円の歯科医院もあり様々です。
保険診療と自由診療における入れ歯治療の差は大きくわけて2つあります。1つは入れ歯を製作する際に使用する材料です。
日本の保険制度では保険での使用が認められている歯科材料が限定されており、その種類は最低限のものに限られます。ですので、本当に基本的な入れ歯のみ製作が可能な材料での製作となり、入れ歯の精度や、違和感や痛み、見た目などの患者さんからの要求に十分に応えられるものとなると、保険適用されていない材料による製作となり、自由診療となります。※シリコーン義歯、テレスコープ義歯、金属床、アタッチメント義歯、留め具のないノンクラスプ義歯などは保険外。

自由診療では、使用する材料に制限なく、患者さんの治療法として本当に必要な材料を使用して、入れ歯を製作することが可能になる為、より患者さんに合わせた入れ歯治療が可能となります。 2つ目は製作にかけられる時間と手間の問題です。患者1人1人に本当に必要な工程をきちんと時間をかけて製作できる自由診療に比べて、保険では現状の保険点数の低さから、時間をかければかけるだけ歯科医院の経営は赤字の状態になります。また、歯科医院から発注を受けて歯科医師の指示通りに入れ歯を製作する歯科技工所も、極端に安い料金で製作を強いられる為に、1つ1つに時間をかけてつくれる余裕がなく、コスト重視で流れ作業の様な形でつくられてします訳です。

一概に、保険でつくったから噛めない、自由診療の入れ歯は噛めるということではないですが、自由診療の入れ歯は、必要な工程に時間をかけて、患者1人1人の希望や主訴に合わせたオーダーメイドの入れ歯が提供できることにより、機能する入れ歯となることが差と言えるでしょう。