入れ歯が完成するまでの流れ

入れ歯がどのように作られているのか、簡単に説明します。制作法を知ると、入れ歯が身近に感じられ、関心が増すと思います。入れ歯とは多数の歯が失われてしまった人の為の取り外し式の歯の事です。

1・治療計画の立案
まず、どのような点で不自由があるか、希望、現在健康状態、これまでの歯科治療経歴など、詳しく話を聞く。 次に、欠損している歯の部分の歯肉、噛み合わせを診察し、必要に応じてX線写真などで見えない部分も調べる。 診察結果にいもとづいて期間、費用などの治療計画を提示する。

2・補綴前処置
よく噛める入れ歯を作る為に、むし歯など治し口腔状態を整えておく。

3・あごの型取りと模型制作 
あごの形に合わせて金属の既成トレーを使って予備印象を取り、それに石膏を注入して作った模型上で患者さん個人トレーをプラスチックで制作し、本印象を取る。

4・噛み合わせの位置の決定 
模型上で制作したワックスの咬合床を口腔内に入れ、一番しっかりと噛める位置を見つけ出す。

5・ろう義歯の製作と試適
咬合器に装着した模型上で仮の義歯床を作り、その上に人口歯を並べる。噛みやすい入れ歯になるように何度も途中で咬合器を動かす。出来上がった ろう義歯は実際に口腔内で仮合わせをし、前歯の色、形、噛み合わせの状態など念入りにチェックされる。

6・完成した入れ歯の装着
完成した入れ歯を口腔内に装着し、ピッタリ適合する事を確認する。

7・装着後の経過観察と調整
入れ歯の装着直後はかなりの異物感を感じるが、通常は1~2週間で馴染んでくるが個人差も多い。何度か受診しながら調整を繰り返す。


入れ歯は一個一個がオーダーメイドで大変手間がかかります。同じように身に付けるものでもお手軽な商品とは全く違うものです。