歯ぐきと入れ歯の関係

歯を失った後の歯ぐきは、歳をとるにつれて、始めは土手状であったものが、痩せていき、だんだんと低く、平らになっていきます。これを「歯ぐきの委縮」といいます。歯がなくなって歯を支える必要がなくなった歯槽骨の委縮や、骨を新生する能力が低下することで骨の密度が粗になる、いわゆる骨粗しょう症が、歯ぐきの委縮に関与しているのではないかといわれています。ですが、原因についてはほとんど解明されておらず、現在のところ歯ぐきの委縮を予防する手段は確立されていません。

入れ歯は歯ぐきによって支えられています。そのために、歯ぐきにフィットしていない入れ歯を入れている人は、ものを食べると、入れ歯が安定しないで踊ってしまい、歯ぐきの「土手」のあちらこちらに衝突します。このときに、生じる過度の圧力によって土手が削りとられ、歯ぐきの委縮がより著しくなってしまいます。ですので、歯ぐきの委縮を最小限に抑えるためには、合わなくなった入れ歯をそのまま使い続けないことです。もし合わない入れ歯を使い続けた場合、歯ぐきが痩せて、ついには平坦になってしまう場合があるのです。そうなると、どんどん入れ歯が動きやすくなり、満足な咀嚼が得られなくなってしまいます。また、新しい入れ歯を作ろうと思ったときにも、たいへん難しくなってしまいます。

歯ぐきの表面は、弾性のある粘膜でおおわれています。この粘膜の弾性は入れ歯にとってとても大切です。なぜなら、咀嚼するときに入れ歯に加わる力は、粘膜の弾性によって緩和され、同時に、広く均等に歯ぐき全域に分散されて負担されるからです。粘膜は歯槽骨によって支えられていて、入れ歯を介した咀嚼力を受けると圧縮されます。このときに、入れ歯は粘膜に向かって沈むことになりますが、粘膜にはクッション作用があり、ある程度のとろこで受け止められます。しかし、加齢が進むと、粘膜では細胞成分が減少したり、毛細血管が減少したりして、血液の供給がじゅうぶんにおこなわれなくなります。その結果、粘膜の厚みが減少し、弾性も低下します。これは入れ歯にとってよくない状態で、この低下によってかむときの衝撃は、クッションがない状態で直接歯槽骨に伝えられることになり、土手の負担が非常に大きくなります。また、硬い入れ歯と弾性のない歯槽骨とのあいだにはさまれた薄い粘膜は、かむたびに締めつけられ、傷つき、痛みを感じることになります。これらのことをふまえて、入れ歯を作るときには歯ぐきの状態を必ずチェックするようにしましょう。