入れ歯安定剤を使わない入れ歯

市販の入れ歯安定剤は、歯茎に合っていない入れ歯でも、隙間を埋めて痛みが無く噛む事が出来るので大変便利です。入れ歯安定剤を使用すると、入れ歯は安定し、動きにくくなります。患者さんの歯茎・口の中の状態がその後どうなるかまで考えて作っていない製品が多いので、便利さから長期間使用を続けていると顎の骨が痩せてしまう場合があります。一時的に入れ歯安定剤を使用する程度なら問題ありません。

また、入れ歯安定剤を使わなくて良い入れ歯もあります。次の2パターンの入れ歯には、入れ歯安定剤を使わない入れ歯と考えられます。

①歯茎が正常な状態で、装着後に歯科医師によって調整され、適合・噛み合わせが共に良好な入れ歯。
コンフォート義歯による入れ歯。(入れ歯の内側に、生体用シリコーンが内面に貼ってある入れ歯)
①の入れ歯は、入れ歯製作の手順を忠実に守って製作されている為、よほどの事がない限り快適に使用ができます。また、不都合が起こった場合も製作した歯科医院に行けば調整してもらう事ができます。
②のコンフォート義歯による入れ歯は、入れ歯の製造過程で、型を採り、噛み合わせの調整が行われます。型採りに関しては、製作した石膏模型を利用し、さらに精密印象法を実施するなどし、型と実際に歯茎と歪みが最小限になるよう行われています。よって、コンフォート義歯による入れ歯は装着後、ほとんど調整の必要が無いほど精巧に作られているので、入れ歯の安定剤は全く必要としないと考えられています。

また、歯科医師の管理のもとで、入れ歯安定剤を使用する場合もありますので、安定剤を使用の場合は医師に相談し、指示を守って使用するのが必要な条件となります。