入れ歯の良し悪し

 総入れ歯の場合、唾液という口腔内から分泌される水分によって「上の入れ歯は上顎と歯茎」に、「下の入れ歯は歯茎」にぴったりと付いています。入れ歯は上顎でも下顎でも、床はたわむ素材で作られています。ある程度の硬さがあって、しかも弾力性がある素材を使います。これは応用力を逃がすためです。床をまったく動かないようにガッチリ作ると、応用力がどこにも逃げられず、入れ歯はかえって割れてしまったり、ひびが入ってしまったりなどで壊れやすくなります。

床(入れ歯の歯茎に当たる部分)は透明な物もありますが、一般的にピンク色になっており、歯茎に近い色ということでピンク色になっています。自費で製作すると入れ歯作りに使える材料がふえますので、より患者さまのお口の中の色に近づけることが可能にあります。部分入れ歯・総入れ歯も同じです。「丈夫かつ弾性がある素材」なので、とても高価なものだと思う人もいるかもしれませんが、しかしそんなことはありません。特殊な例外を除けば、金属部以外の材料費は高くても数千円です。保険治療でも、自由診療でもそれは同じなのです。先程話した通り、自費診療で製作時間・材料などに制限なく作った入れ歯は、当然高価な物になってしまいますので、場合によっては百万円単位のお金がかかります。とくに金属などの特殊加工を施す際は変わって行きます。

材料の違いが耐久性の差になることはあっても、入れ歯の「合う」「合わない」を左右することは、ほとんどないと考えていいでしょう。高価な材料を使っても合わない入れ歯ができることはありますし、保険の材料を使っても合う入れ歯は作れます。ですが、合う入れ歯までの道のりで、沢山の材料と手間を書けられる自費診療の入れ歯の方が合う入れ歯に鳴る確立が高いと言われております。さらに、その問題は作り方・作り手によっても変わって行くでしょう。正しい方法で作られたかどうか。入れ歯の良し悪しはそこで決まるのです。入れ歯があわないための痛みや悩みは、患者さんご自身にしかわかりません。ですから、率直になんでも歯医者さんに話して頂き、よりご親身になって対応してくれるカウンセラーと歯科技工士、歯科医師に巡り会うことが大切になると思います。