少しでもご自分の歯を残す治療が大事

全部の歯を失う事が、どんなに辛くて哀しい事かご本人でなければこの気持ちは分かりません。
歯科医の先生の中で実際に経験した歯科医師が担当になった場合は別ですが、総入れ歯の経験を持っている歯科医師が担当になるという事は滅多にないでしょう。

多くの入れ歯患者さんは残っている歯(残存歯)を 一本でも二本でもご自分の歯を残したいと希望を持っています。歯槽膿漏などの歯周病がひどく、歯茎の健康の為に総入れ歯にした方が良いという場合は別ですが、その時は医学的根拠(レントゲン・CTスキャン)を元に説明します。決して入れ歯治療の都合で抜くのでは無く、これからの入れ歯患者さんの人生に快適だと判断した場合に限ります。それほど一本の歯を残す、というのは入れ歯を作る上でとても重要な事になります。
ここで入れ歯患者さんの不安・悩みについてご紹介します。

【質問】歯医者で歯を抜いて、部分入れ歯を勧められました。そのままでも生活には不自由では無いので歯を抜けたままでも良いでしょうか?
【答え】そのままでは、噛み合わせが悪くなってしまいます。

抜歯をして、そのままにしておくと隣の歯が傾いてしまい、噛み合う上の歯や下の歯が移動してくるので、噛み合わせが悪くなってしまいます。初めて部分入れ歯をすると慣れないので、不具合を感じる事があるかと思いますが、歯茎の痛みは調整することで改善する事が大半です。また、合わない・痛い・外れる・噛めないなどの技術的不満は原因がはっきりしている為、すぐ解決でします。正しく噛めるようになるようにも是非、チャレンジしてみて下さい。

また、多くの入れ歯患者さんはご自分の歯の状況を正確には分かっていないので、歯科医の先生や入れ歯専門のカウンセラーと信頼関係ができるまで、時間をかけた話し合いが必要です。
時間をかけて、ご自身の入れ歯や口腔内の健康状態や現状について話し合いを行うことで、入れ歯患者さま自身も、入れ歯の治療・診療に関する知識が備わり理解を深めてからの施術を行えることでしょう。