入れ歯で味覚機能の回復

入れ歯を日々ご利用なされている入れ歯患者様から、「味覚がおかしい」「入れ歯をお口に入れたら美味しく食べられなくなった」という声をよく聞きます。これはどうしてなのでしょうか?

人の味覚の感じ方というのは、食べ物を食べるときに、舌先にのせただけでは味をあまり感じません。食べ物のなかには味覚質というものがあります。上あごの粘膜は食べたものの温かい、冷たい、やわらかい、かたい、どのくらいこなれたかなどを感じとります。さらに噛むことによって唾液と混ざって溶け出し、それが舌の味蕾(みらい)という器官で味覚を感知することによって私たちは味を感じるのです。

味蕾の9割は舌に分布していますが、舌の側面や表面、上顎の奥などにも分布しています。ですから、入れ歯で、口蓋が大きくおおわれると、皮膚感覚が阻害され、舌の運動がさまたげられ、咀嚼がうまくいかなくなって、味が届きにくくなります。それが、味覚を低下させる原因のひとつと考えられています。

とはいえ、味蕾の状態は入れ歯にする前とは変っていません。したがって入れ歯に慣れ、しっかり噛んで唾液に溶け出した味を味蕾に届けられれば、十分美味しく味わえるはずなのです。入れ歯でおいしく食べるには、とにかく入れ歯でよく噛めるということが重要になります。

噛み合わせが悪い入れ歯は、味覚異常になりやすいということになるので、しっかりと噛み合わせを調節することでこれらを改善でき、多くの方が「美味しい食事ができるようになった」と喜ばれます。

また、味覚とは味だけでなく、食べ物の舌触りや温度、あるいは盛り付けや香りなどが重なって感じる感覚です。こうした点からも入れ歯でおいしく食べられる工夫を心がけましょう。