入れ歯を固定し、噛める入れ歯へ

「咳をしたとたんに入れ歯が外れた」「話をすると上の入れ歯が落ちる」「食事をしてる時に浮き上がる」などという話をときどき聞きます。ですが、入れ歯がぴったり合って固定していれば、外れたり落ちたりしません。部分入れ歯には、入れ歯を固定するバネがあるので当然外れにくいのですが、総入れ歯はそういうものがないのに何故外れない仕組みになっているのでしょうか?

総入れ歯を歯ぐきから外そうとする力には、上の歯の入れ歯の重さ、食べたもののべたつき(粘着性)、舌やほおからの圧力、噛むときの力の一部などがあります。これらに対抗する力、つまり入れ歯を定位置から動かさないように保持する力を「維持力」といいます。この維持力を十分に発揮できるように作られた総入れ歯は、引っ張っても外れません。

 しかし、ものを噛むと外れたりするのではないか?との心配もあって、どうしても思い切って噛めないということもあります。ではよく噛める入れ歯の条件とはなんでしょう。

入れ歯は歯ぐきをおおう面積が広いほど、安定し噛む力は大きくなります。噛む力を大きくして咀嚼効果を高めるためには、下の入れ歯の面積をできるだけ大きくします。といっても、ただやみくもに入れ歯を大きくすれば入れ歯の周りの舌やほおが機能するときに衝突してしまうので、入れ歯は外れやすくなり、逆に咀嚼機能が落ちてしまいます。歯ぐきにぴったりとフィットして、ガタつかず、同時に噛み合わせが正しい、つまり、噛み合わせたときに、人工歯の噛み合わせと、下の顎の位置関係が正しいことです。

耳の穴の1センチぐらい前に人差し指を置いて、下あごを前後、左右に動かしたり、口を大きく開いたりすると、関節の動きに触れることができますが、一番後ろに戻ってきたところが、正しい噛み合わせの下あごの位置です。並べられた入れ歯の歯の位置と、あごのちょうつがい(関節)の動きが合わないと、咬み込んだときの噛み合わせがずれてしまい、入れ歯の上下の歯は噛み合うことができません。噛み合うことができないと物を噛むときに力が入らないし、言葉も不明瞭になります。いずれにしても、入れ歯の製作段階で、入れ歯周辺の組織と調和をとりながら、適切な噛み合わせを重要であり、それをきちんとすれば噛むことができる入れ歯になるのです。