「いい入れ歯から」から「合う入れ歯へ」

「合う入れ歯を入れるために必要な事は、患者様の肉体的条件があります。簡単に言えば、それは歯茎の状態の善し悪しです。

 入れ歯というのは、粘膜と接する面積が大きく広いほど安定するものです。ですから、歯茎の土手(顎堤)が高く、でこぼこのないなだらかな状態だと、ぴったりとフィットする入れ歯を作るのは比較的簡単になります。逆に、土手が低い歯茎、デコボコしている歯茎だと、そこに合う入れ歯を作るのが難しくなり、「合わない入れ歯」ということが言われます。何軒もの歯科医院を訪ね歩き、いくつも入れ歯を作ったけれども、どれも合わない。そんな嘆きを耳にしたことがあるのではないでしょうか。しかしその一方で、初めて作った入れ歯を、何の苦労も無く使いこなしている人もいるのです。

 これを入れ歯の値段による違いと考えている人が少なくないようです。健康保険で作った入れ歯は値段が安いからダメで、自費の入れ歯は高いからいいだろう、というわけです。しかし実際には、健康保険で作った安い入れ歯でも、口にピッタリ合うケースはたくさんあります。また、自費で作った高い入れ歯が合わないケースも珍しくありません。これはつまり、入れ歯の良し悪を決めるのは値段ではなく、技工士や歯科医の能力だということなのです。合う入れ歯を手に入れるには、それを作ってくれる歯科医院を探さなければならないわけですが、それ以前に必要なのが「歯茎を良い状態に保つこと」です。歯茎を良い状態で残せれば、健康保険であれ自費であれ、口にぴったりとフィットする入れ歯を手に入れられる確率はおのずと高くなるのです。

 歯茎をいい状態で残すために必要なことがいくつかありますが、一番大きいのは適切なタイミングで抜歯をすることです。歯があるレベルを超えて悪くなったら、抜歯によって歯茎を守らなければならないのです。歯周病や虫歯も末期まで放置しておくと、そのダメージは歯槽骨(顎骨の骨体部と歯牙を結ぶ骨)の広い範囲までに及びます。歯槽骨というのはまさに「歯を支えている骨」で、個々が大きく溶けてしまうと歯茎は低くなります。一部分がより大きく溶けたなら、へこみができてしまいます。ですから、虫歯や歯周病が再発をくり返しながら進行していったときは、治療と並行して抜歯のタイミングを計らなければなりません。そして、適切と思われる時期が来たら、歯を抜き、そこを入れ歯に置き換えます。

 基本的には、抜歯は最終手段です。歯は極力抜くべきではありません。しかし、抜かない歯科医が名医かといえば、そんなことはありません。なぜなら、問題のある歯を必要以上に長く口にとどめておくことでも、咀嚼のシステムバランスは狂うからです。虫歯や歯周病が進行して、まともに噛めない状態が続けば、咀嚼のシステムバランスは狂い、他の歯にも悪影響を与えます。抜歯のタイミングが遅れれば歯茎の状態が悪くなり、入れ歯という人工物を使って咀嚼システムを安定させることもむずかしくなります。  口腔内のストレスをなくし安定させるためにも、残っている歯の本数に関係なく大切なことなのです。歯を長持ちさせるため、合う入れ歯を手に入れるため、そして合う入れ歯を手に入れた後も、咀嚼システムを安定させる必要があるのです。いざ入れ歯を作らなければならない状態になったときに、あなたに合った「使える入れ歯」イコール「合う入れ歯」を手にする可能性はぐんと高くなることは間違いないのです。