入れ歯に生体シリコーンを使用した新技術

あなたにも合う入れ歯の話

「痛い」「噛めない」「外れやすい」とお悩みの方へ
入れ歯は痛くて外れやすいもの・・・、と悩みを抱えながら、仕方がないことと諦めて過ごしてはいませんか?

本来入れ歯は歯科医師が型取りを行い、歯科技工所に製作を外注して完成しています。しかし、豊富な経験を活かして入れ歯製作を中心に行っている医院では、院内に入れ歯を製作する技工所が併設され、歯科技工士が在中しているところもございます。その様な医院では、噛み合わせのほかにも歯の並びや本人の顔と合うかどうかなどを、歯科技工士が丁寧に一本一本調整しながら製作しており、ご使用中の入れ歯に気になる点があれば、痛みを緩和する為に、都度、微調整を行い、ひとりひとりに合った入れ歯を提案していきます。合わない入れ歯を我慢して使い続けると、歯茎の下の骨がやせ細り、ますます入れ歯が合わなくなってしまう危険性があるからです。
昨今、新しい入れ歯技術として入れ歯と歯茎が接する部分を「生体用シリコーン」を使ったやわらかいクッション材で覆う新しい技術が生まれました。この技術はグッと噛み締めた時の痛みを分散させて、入れ歯の吸着力を高めます。生体シリコーンを使用した新技術をされた方は、その噛み心地と吸着力に驚くそうです。