自分に合った入れ歯治療法を選ぶことがとても大切です

入れ歯が「痛い」「噛めない」・・
長年入れ歯でお悩みの方/インプラントと比較されている方
『歯ぐきの厚みが場所によって違う』
~自分に合った治療法を選ぶことがとても大切です~
患者様のお悩みやご要望を解決するために、最適な入れ歯をご提案しています。

わたしたちは入れ歯を専門に取扱う歯科医院です
入れ歯専門の歯科医院「ハイライフグループ」とは、入れ歯に特化した歯科医院の団体です(全国4医院)。特徴は、入れ歯専門の歯科医・技工士が高度な専門知識と経験から患者様一人一人にあった入れ歯を提供すること。まずは治療前の無料相談で現在の入れ歯の問題点を確認し、ご要望の使用感や顔の表情などをじっくり確認することから始まります。当医院での入れ歯の製作には試適(洋服でいうと試着)の段階があり、自分の口に合っているかを確認しながら製作していくため、「思っていたものと違うものができた」ということがなく安心です。更に実際に入れ歯を製作する歯科技工士が立ち会い、要望をその場で解決できることも魅力の一つです。もちろん「来院回数・製作費用など」を治療前に明確に提示・説明させていただくので、安心して治療に臨んでいただけるでしょう。


【部分入れ歯】

[金具が無くて目立たない入れ歯、ノンクラスプデンチャー]
入れ歯の金具をなくした新しい入れ歯。歯ぐきに近いピンク色の素材で入れ歯を固定するため、入れ歯が目立ちません。食事など、「噛みしめる」ことにはあまり向きませんが、大事なパーティーなど、「入れ歯だと知られたくない」イベント時に大活躍です。

[通常のレジンプラスチックで設計して金具で支える入れ歯]
左右両側にまたがる形、メタルフレームで人工歯が5本の場合のお値段です。お客様一人ひとりに合った入れ歯を、専門の歯科医師と歯科技工士が連携して精密な型採りや表情に合わせた設計で入れ歯の製作を行います

[良く噛めて丈夫、入れ歯をしていることがわかりにくい]
部分入れ歯の金具の部分が見えず、審美的にとても優れています。はめ込み式の為、入れ歯を固定する力が強く、噛む力で沈下や動揺を起こしにくい為、フィット感が高く、食事の際なども使用感の良い入れ歯です。



【総入れ歯】

[通常のレジンプラスチックで設計する安心の入れ歯]
入れ歯の床(しょう)にあたる部分を、通常のレジンプラスチックで設計する基本設計。患者様一人ひとりに合った入れ歯を、専門の歯科医師と歯科技工士が連携して精密な型採りや表情に合わせた設計で入れ歯の製作を行います。

[シリコーンのクッションで覆うやわらかい入れ歯]
よく噛める、痛くない入れ歯のための設計です。床はレジンプラスチックを採用。入れ歯の歯ぐきに当たる部分は、やわらかい生体用シリコーンで覆うコンフォートを装備し噛みしめる瞬間の衝撃を緩和するため、歯ぐきへの負担を和らげグッと噛みしめることができます。

[装着時の違和感が少なく、薄く丈夫で温度を感じる入れ歯]
床を金属にすることで薄くすることができ、違和感が少なくなります。また、熱伝導性が良いので飲食物の温度を感じやすくなります。



【追加設計】

[磁力の力で入れ歯がぴったり吸着・安定]
歯の根が何本か残っている場合、歯根に磁石を取りつけて吸着・安定させる追加設計が可能です。入れ歯の浮き上がりが少なくなり、食べカスなども詰まりにくく、良く噛めます。部分入れ歯の場合、金具がなく簡単な構造にできるので、お掃除なども簡単で便利です。

[より精密で丈夫な、臭い・汚れのつきにくい入れ歯]
入れ歯の床(しょう)にあたるピンクの部分をつくる際に、特殊な製法で高い圧力をかけて精密に手間をかけてつくるので、より材質の密度が高く、お口に合った丈夫な入れ歯に仕上がります。また、傷・臭い・汚れなどがつきにくい特徴があります。