入れ歯診療の中でのコミニケーション


入れ歯作り、入れ歯の診療していくことに関して、入れ歯患者さんと歯科医師、歯科技工士、カウンセラーのコミニケーションはすごく大切になります。

入れ歯患者さんが自分の要望を伝え、歯科医師や医師技工士、カウンセラーがそれを理解ひて、歯科技工士に情報ととして伝えておいて、よりよい入れ歯を作り上げるのです。 私たちはハイライフグループの歯科医師は、入れ歯患者さんが口腔内の健康、全身の健康を取り戻すために必要なアドバイスを診療の中で随時していきます。

合わない入れ歯で傷ついた粘膜や、歯の無い状態が長く続くにつれて以上が生じた顎関節を正しい状態に治療しない事には良い入れ歯を製作することはできないのです。 口腔内や顎関節・顎が病気の状態のまま入れ歯を製作しても、病気の入れ歯では、使っているうちにますます口腔内や顎の状態を悪化させるだけです。

それまでの痛い入れ歯、合わない入れ歯とおなじような結果になってしまうのは目に見えてきます。

一番最初に、行わなければならないのは、口腔内の状態を健康にする、それと同時に全身の健康状態も良くするのです。 衰えてしまった口腔内の周囲の筋肉を鍛え、あごの機能を整え、しっかりと噛む力を取り戻さなければなりません。 ハイライフグループの歯科医師は、そのために知恵や経験を活用し入れ歯患者さまに診療中にアドバイスしていきます。

一日も早い回復を実現するために入れ歯患者さまに、日常のアドバイスをすることもあります。全部100%行えるかといったら難しいとこも必ず でてきます。そうなった時は、また方法を探し、患者さまと一緒に一つ一つ超えて診療を行っていければと思っております。

入れ歯患者さまが感じる、微妙な感触、わずかな違和感でもお伝え頂く事、このコミニケーションこそが、入れ歯診療のなかでとても大切な事なのです。

「入れ歯でお悩みの方」向けに勉強会