健康な入れ歯生活が基本

入れ歯・部分入れ歯・かぶせものなら当医院にお任せください


日本では、2015年には、四人に1人が65歳異常の高齢者という本格的な高齢社会を迎えると予測されています。それと同時に少子化も同時に進むため、もはや医療保険システムだけ頼りに生きていくのは、現実的に厳しでしょう。 毎日の生活の中で「健康は自分で守る」、「健康な状態を保つ」という意識を持つことがとても大切になってきます。自分のお金、自分の自由になるお金を、自分自身や家族の為に投資する時代が間もなく本格化されていくでしょう。 ただし高齢化になってからでは遅すぎます。40代、50代のときから、適度の運動や、バランスの取れた食事などで、健康な身体作り、脳の活性化、老化防止、などに積極的に取り組むことが大事になります。若い時から健康への投資を開始した程、生き生きとした高齢時代を過ごせるに違いありません。

たとえぴったりと合う入れ歯を手にしたとしても、日常の生活習慣をいい加減にして病気になったのでは、せっかく入れ歯を作ったとしても十分に使いこなすことが出来ません、健康的な生活習慣が歯やあごの健康を守ることにもつながります。

三大死因の癌や動脈硬化、脳血管障害、糖尿病、肝臓病などおおくの慢性病が生活習慣に原因があると言われています。 これらはいかに、日常の生活が大事かを物語っております。 。

あなたに合う「入れ歯」の作り方