入れ歯の噛み合わせの重要性

噛み合わせとは、歯の一本一本が、他の歯とどんなあたり方をしているのかということです。 入れ歯の人工歯を綺麗に並べたからといって、噛み合わせが良いとは一概に言うことは出来ません。 人工歯の並びが悪いような見た目でも、必ずしも噛み合わせが悪いとは言い切ることが出来ません。

私たちハイライフグループの歯科医師は、歯の治療後には、患者さまに「噛んでみてください」「噛んでみてどうですか?」と必ず、時間をかけて丁寧な入れ歯の噛み合わせ調整を行います。部分入れ歯などでは、残存歯の位置も含めて噛み合わせをしっかりと調整していかなければなりません。 また、部分入れ歯や総入れ歯ではなく、インレーや光重合レジンなどの詰め物や、クラウンや前装冠などのかぶせ物をしたりしている方でも、歯を動かしたりすると、歯に今までと違ったあたり(感触)が出てきます。このような場合でも一本一本の歯が負担を感じないように良いあたりに調整します。

入れ歯の噛み合わせが悪いと身体の重心もずれてしまい身体が歪みます。 あごの位置と重心の関係は、次のような動作をしていただけるとお分かりになりやすいと思います。 真っ直ぐに立った状態で口を閉じ、下あごを前方に突き出すと頭は後方に傾き、反対に下あごを後方に引くと頭は前方に傾いてきます。 下あごの位置が頭の位置、重心の位置を決めてくるのです。 姿勢を正す時に前方を真っ直ぐ見て「あごを引き」ますが、これもあごの位置を正すことで頭の位置、重心を決め姿勢を安定しているわけなのです。 入れ歯が噛みにくいなと思わなければ、噛み合わせのずれにも気付くことはありませんが、実際は重心がずれていることもありますので、定期的にご来院下さり、噛み合わせを調整し身体の重心のバランスをとることが大切になります。

入れ歯の最新技術東京