今までなかった新しい加工技術

先端の入れ歯事情

ハの寿命は平均訳57歳といわれており、この年齢を境に歯の衰えが目立つようになり、入れ歯を利用される方も多くなる傾向にあります。しかし、入れ歯利用の多くが「痛い「噛めない「外れやすい」といった悩みを抱えています。全国に65000件もあると言われている歯科医院のなかで、本当にいいものを見つける事は容易ではありません。
そんな中、全く新しい入れ歯技術として「生体用シリコーンを使用した新技術」が登場致しました。この技術は従来の入れ歯につきものだった「痛い「噛めない」@外れやすい」といった問題点を解決する技術として注目されています。

入れ歯の最新技術