ハイライフグループ義歯治療の流れ

義歯専門歯科ハイライフグループの義歯製作は、初診の無料相談から開始されます。 初診では、問診から始まり、服用されているお薬の確認などを行い、その後、現状義歯に持つ主訴の詳細確認などを行っていきます。 主訴が細かくしっかりと把握できるかについては、義歯の問題点へ改善の余地があるかなど、その後の義歯作製に大きく影響してきます。次に専門の歯科医師により、必要であればレントゲン検査を行い、診査診断へと進みます。 部分床義歯の方については、残存歯の動揺などについても診断を行い、抜歯(EXT)の必要があれば本義歯作製前に、 どのくらいの治癒期間を要すかを含めて、治療期間の説明を行います。 また、ブリッジやインプラントをしている方については、状態を確認したうえで、本義歯設計を検討します。 歯周病(ペリオ)がある方も同様に、残存歯の状態を確認して義歯作製前の治療についてご説明をします。 本義歯作製前に抜歯(EXT)の必要性がある方で、骨粗鬆症や血液をサラサラにする薬を服用中の方は、休薬期間が必要になる場合があり、その場合はご通院されている医院へ休薬について連絡を行います。 また、抜歯後はすぐに義歯作製に入らず、抜歯窩治癒期間として2ヶ月程度、歯茎と粘膜の回復を待ち、本義歯作製に取り掛かります。 歯科医師もしくは義歯専門カウンセラーより、治療期間・義歯作製期間、義歯設計、作成費用などについて、詳細のご説明を行います。ご不明な点があれば、ハイライフグループの義歯専門のスタッフまでお気軽にお問合わせください。

義歯治療には専門性が求められています