長く快適に使用できる義歯

「痛い「噛めない」「外れやすい」など
入れ歯の「悩み」そのままにしていませんか?

義歯について治療計画、費用、治療期間などについて、ご納得頂けたところからご通院となります。(それまではご料金は戴いておりません) ご通院となりましたら、部分床義歯の方で、抜歯などの前処置が必要な方は義歯製作前に必要な治療を行ってから義歯製作へと移行します。 その際、治療の最中も不便が無い様に、今までご使用されていた義歯を修理しながら治療を進行しますが、修理が大掛かりとなり新たに治療用の義歯を作成される必要がある方や、始めての義歯で治療中の義歯が無い方、咬合の関係で噛み合せを矯正する必要がある方などは、本義歯を作製する前に仮の治療用義歯の作製から治療を開始します。 治療用義歯には、治療中の生活に不便が無い様にするほか、初義歯や義歯の形が大きく変わる方については義歯の違和感に慣れる為だったり、本来の位置と大きく違ってしまった咬合を矯正して正しい咬合の方位へと導いてから本義歯を作製する目的があります。 治療用義歯は、あくまで仮のものの為、修理を入れながらつぎはぎの状態になり、長くご使用されるには適しません。必要な治療を通して義歯を入れられるに適した口腔状態にした後、じっくりと手間と時間をかけて工程を踏み、必要な適した材料を使用して長く快適に使用できる義歯を作製していきます。

入れ歯の最新技術東京