良く合った入れ歯を付ける

入れ歯作りのもっとも重要で当然なこと「良く合った入れ歯」をお作りするということです。全く合わない入れ歯など製作しても意味はありません。患者様のお口の中、口腔内、顎の形に最適な入れ歯これが重要になります。良く合わない入れ歯とは、口腔機能学的にみて 、型の取り方が間違ったものです。具体的には、歯型、顎の方の取り方が間違っている場合です。いわゆる噛み合わせの取り方がうまく取れていない場合です。取り方を間違えてしまうと、不適合の入れ歯が自分のお口の中に入ってしまうことになり、悪影響を多々及ぼしてしまいます。不適合な入れ歯では理想的な噛み合わせは当然見込むことが出来ません、人間の健康にとって大切なのは良い噛み合わせにすることです。年を重ねるごとに噛み合せ・咀嚼は重要なものになっていきます。咀嚼が正しくできなくなるような状況だけは、なるべく避けなければなりません。そのためにも高齢者に提供する入れ歯は精密で良く合った入れ歯を作り口腔内に装着することが重要になってくるのです。このような入れ歯を良い状態に保っておくためには、入れ歯を何年かごとに作り替えたり、入れ歯完成後からの定期的なメンテナインスが大事です。いつまでも患者様のお口にピッタリな入れ歯にしておく必要があります。それを怠ったり、患者様の歯肉がすり減ったり、入れ歯のお手入れを毎日せずに怠っていたりすると、入れ歯が変形したりします、そういう入れ歯を我慢していつまでも口腔内に入れておきますと、次第に噛みにくくなってきたり、入れ歯と歯茎、歯肉がすれて炎症が起こったり、残っている歯にすごく負担をかけてしまい、抜けてしまうという事態が起こる可能性があります。すこしでのおかしいなと思いましたらハイライフグループにご相談ください。原因をしっかりとお確かめし改善策を見つけ出し施していきます。

お口に合う入れ歯