お使いの入れ歯(義歯)を見直す

【入れ歯を見直す必要性を知る】

日本の入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)利用者は、2000万人を超えたと言われています。しっかり噛める入れ歯は、好きなものをおいしく食べられるだけではなく、スポーツを楽しんだり、滑らかに話したり、さらには表情の若返りや結構の促進を考える上でも大切なパートナー。でも、中には高い費用をかけて作ったのに自分に合わず、かといって捨てる事も出来ずに困っている方も少なくはありません。

入れ歯を何年もお使いになられている方で、未だに痛みが取れない、食事中に食べ物を食べるとすぐものが詰まる、そして痛い。また会話をしている時などに外れそうになったり、うまく発音ができなくなったりする、または、入れ歯から異臭がする、匂いが取れない。また色味が変わってしまっている、部分的に汚れがついていたりしている。などの違和感、ちょっとしたことでも気になることがあるかたは、入れ歯を見直すことをおすすめします。入れ歯というのは、保管方法、使用方法などの違いで、必ずしもずっと同じ形であることがありません。長期間清潔に保つことも容易ではありませんので、定期的な見直しは必要となってきます。歯科医院での定期的な見直しをするとより良い状態の入れ歯で保てます。


入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)を見直す