今知っておいたほうがいい、抜け歯の大切なお話

適度な運動と野菜中心で、油控えめな食生活。からだの健康についての情報に敏感なら「歯」についても情報集めをしましょう。50代のうちに年齢による「抜け歯」のケアをするのが、さらなる「健康」への第一歩です

○体の健康と歯の健康について
○50代のうちに、抜け歯のチェックを
○現在の「抜け歯」治療一本からでも気軽にご相談を


■もし1本でも歯が時の対処法
虫歯や歯周病やその他不慮の事故などで1本歯が場合にどう対処するのか、選択肢は多く存在します。 「何もしない」という形もあります、歯が1本なくなっても周りの歯や、口腔内、お食事時や会話の時などに大きな影響がなければ、何もしないで良い場合があります。次に「ブリッジ」歯の両隣の歯を削ります、そこに歯の形をしたかぶせものを被せて補うという手法になります。抜けた歯が1本であれば、両隣と抜けた歯の部分の合わせて3本の歯がつらなったようなものを作成します。それを削った両隣の歯にかぶせることで、抜けた歯の部分があたかも歯があるかのような見た目になります。 3つ目の対処法は、「部分入れ歯」両隣の歯にツメのようなものをひっかけることにより、抜けた歯の部分に人工歯(入れ歯/義歯)を挿入する方法です。また、ツメではなく、歯にかぶせてひっかけるようなタイプの「ブリッジ」というものがります、ブリッジはひっかけるツメの部分の色が歯茎と似た色味をしているため見た目を気にしている方などにおすすめです。最後に、「インプラント」骨の中にチタンのネジを埋め込み、その上に人工歯をかぶせる方法です。大掛かりな手術が必要となり時間もかかります。




抜け歯のこと