入れ歯は痛いのが当たり前ではない

入れ歯は固くて痛いのが当たり前だと思っていませんか?
入れ歯は、プラスティックなので硬いのは当然です、ご利用者さまの口腔内の型に最適でないと、歯茎と入れ歯の摩擦が生じる、歯茎圧迫、歯茎に突き刺さることなどが起こり、痛みの原因が増えます。もちろんご利用者様の口腔内に最適でありますとこのような痛みは生じることがありません。

このような痛みが生じた場合の一つの方法として、入れ歯のプラスティックの部分を生体用シリコーンで覆い、人間の口腔内の歯茎にあたる部分にクッションの役割をもたらす生体用シリコーン「コンフォート」という技術を施すことが出来ます。

生体用シリコーン「コンフォート」をすることによって入れ歯と歯茎に生じていた痛みを抑えることが可能です。心臓バイパス手術等のあらゆる医療現場で利用される生体用シリコーンを使用していますので、体にもやさしい素材です。

痛みがでている状態で、入れ歯をご使用し続けていますと、歯茎の痛みが出ている部分に炎症が起こり、現状より悪化してしまう可能性が出来てしまうのです。なので入れ歯をして痛みが出る場合は、お早めに歯科医院にご相談することが最善の策になります。決して入れ歯が痛いのが当たり前ではありません、対策方法はあります、是非一度ご相談ください。

入れ歯は固くて痛い