ハイライフグループで製作する入れ歯の五つの特徴


入れ歯の悩みは、ハイライフグループに所属するそれぞれの分野の入れ歯のプロにご相談下さい。ハイライフグループには、入れ歯専門の歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が常駐しております。

【入れ歯の最新技術や情報を把握】
2008年9月14日、翌日の敬老の日にちなんで、総務省より日本の高齢者の姿についてまとめた資料が発表されました。今回の調べでは、増加を続ける高齢者人工(70歳以上)が2000万人を超えた事がわかりました、当然入れ歯を求める層も増えてきています。いつどんなときでも入れ歯について答えられるように、または歯科技工士、歯科医師など日々技術向上を目指し働いております。

【患者様に合った入れ歯の治療法を選びます】
歯を失う事で悩みを抱えるかたはたくさんいらっしゃいます、今後高齢化が進むにつれて入れ歯利用者も増加する事が想定されます、保険診療・自由診療それぞれのメリット・デメリットはありますが、快適に噛み締めるために選択肢の幅が年々広がって行きます。

【入れ歯には、入れ歯専門の歯科医院で治療することで安心感が増します。】
現在使用している入れ歯の問題点を確認し、ご要望の使用感や顔の表情などをじっくり確認する事から始まります、入れ歯の製作には決まった工程があります。

【噛み締められる人生を、もう一度送るため最善の努力をします。】
入れ歯が合わない事で、すきな食べ物を食べられないばかりか、内向的な性格になってしまった患者さまんもいらっしゃいます、噛む事が人生にどれだけ影響を与えているかを私たちは知っています、入れ歯が合っていれば、外れる事も、歯ぐきが痛む事もありません。

入れ歯の安心五か条