入れ歯が痛いと感じた時には


入れ歯(義歯)が合わずに困っていた。新しい入れ歯を作ってみたけどやっぱりあちこっち痛くて噛めない。作り直した入れ歯(義歯)も歯茎にぴったり合っていないのでは?と感じたことはありませんか?実際歯茎にぴったりあった入れ歯でも各務と着に痛みを感じることがあります。何故そのようなことが起きるのでしょうか?


入れ歯(義歯)が痛いというご利用者が、歯科医院で入れ歯の痛みの原因を調べてもらうと、噛み合わせ(咬頭嵌合位)の高さが合っていないことがよくある原因としてあります。入れ歯(義歯)の内側のプラスチィックがご自身の歯茎にあたっている。歯茎が痩せていることで、入れ歯(義歯)が安定せず、入れ歯(義歯)と歯茎が擦れてしまう。などが要因としてあります。さらに、擦れや圧力が同じ箇所に繰り返し加わることで、歯茎の血行が悪くなり、入れ歯(義歯)による潰瘍である褥瘡性潰瘍(じょくそうせいかいよう)ができます。赤くただれたように見えたり、口内炎のように白っぽいものができ、より強い痛みを伴なってしまいます

ですので、よりご自身の口腔内に適した、入れ歯の形を製作しなければなりません。ぴったりと合う入れ歯(義歯)だと、歯茎とこすれたり痛みが出るような働きはおきません。入れ歯が完成し、お使いになり始めると、色々と不具合を起きることが当然のようにでてきます。その度に、不具合が起きている箇所を改善しご利用者様のお口に合わせることが重要になってきます。

入れ歯が痛い